エントランス

南船場のオフィス街でひときわ異彩を放つ竹と鉄錆アートの扉の中は、オフィスワーカーの疲れを癒す酒処。2005年にオープン以来、独特の世界観で訪れる客の目を楽しませ、そして日本酒で舌を慶ばせている。

客席 ①

開放的な吹き抜けとその上には繭を思わせる天井が訪れる人を非日常へと誘う。

こだわり ①

締めの白ご飯は滋賀から取り寄せた無農薬コシヒカリ。かまどに薪をくべて炊き上げたご飯は一粒一粒がツヤツヤ。

客席 ②

道行く人々を一望できる大きな窓のある二階席。20名ほど入り貸切予約も可能。

こだわり ②

酒蔵で使われていた古木を職人が1点ずつ仕上げたテービルや椅子はそれぞれ味があり優しい手ざわりで、日本酒と料理のマリアージュを楽しむ最高の舞台。